「GalleryArtSoup」の素敵な見どころ3選!

・作家活動報告
スポンサーリンク

GalleryArtSoupのオーナー代理さんにインタビューしてきました

みなさん、こんにちは。しののめともです。

今回は、GalleryArtSoup様が2019年11月個展「いきとしいけるもの」のクラウドファンディングのリターン商品をご購入いただいたので、そのお礼として『「GalleryArtSoup」の素敵な見どころ3選』をお伝えしていきます。

さらに、「しののめとものVKチャンネル」の開設にあたり、急きょGalleryArtSoupの代表代行である中林智洋さんにインタビューもしました(快く受けてくれた中林さん、ありがとうございます!)。

話をお伺いしていくと

  • 「それはマジヤベェな😰」
  • 「滅茶苦茶これはイイ話😭」

と、総合的には『胸を打たれる素敵なお話🌻』が聞けたので、記事だけではなく動画も合わせてご覧いただけると幸いです。個人的にかなりオススメ👍

(動画はこちらから見れます)
↓↓↓

▼関連サイト

GalleryArtsoup
群馬県前橋市にあるギャラリーアートスープのホームページです。 コンセプトは『誰でも手軽に、自分の作品を展示・発表できる場所』 『誰でも気軽に、アート作品の鑑賞を楽しめる場所』

そもそもアートスープとは

動画をご覧いただくと分かるように『GalleryArtSoup』は、作家活動をしている方の作品を自由に展示販売できる「レンタルスペースギャラリー」です。

だれでも自由に利用できるがコンセプトなので、展示の際の『作品の審査』は一切ありません。だから出展料を支払えば、規約違反の作品でない限り「どなたでも利用ができるギャラリー」なのです。

(※基本的に規約違反なのは、二次創作作品と、エログロ系。
ただし企画展示のテーマで例外もあり。不明点あれば、ぜひ、直接ギャラリーへお問い合わせください。
問い合わせ先:
galleryartsoup@gmail.com

ちなみに展示は、

  • 企画展示(期間限定であることがほとんど)
  • 常設展示(好きなテーマで作品を展示できる)
  • Web企画展示会(不定期開催、Twitterで参加可能)

3つが選択できるようになっています(同時利用も可能)。

しのパンダ
しのパンダ

今の店舗に引越ししたおかげで、1階展示場のほかに、2階で和室展示場と洋室展示場の2つの部屋でも展示ができるんだよ。たくさん作品が飾れる……!✨

へにゃ
へにゃ

あと、レンタルスペースの利用でも借りられるへにゃ~。しののめも占いとかのセッションで借りたり、あとは不定期でギターインストラクターのgohさんが不定期でライブしたり、金魚作家の晴智ありささんが水彩画教室「はるいろパレット」を開いてたりするんだへっにゃ!

しのパンダ
しのパンダ

1日からお部屋もレンタル可能だから、1日だけお店を期間限定でオープンするみたいな使い方をしても面白そうだよ!😀

へにゃ
へにゃ

料金体系は、レンタルスペースの使い方によっても変わってくるから、直接、ギャラリーに問い合わせてみるといいへにゃ~😉

GalleryArtSoupのここが素敵!3選

さて、GalleryArtSoupさんを軽くご紹介しましたが、ここからは、クリエイターのしののめが実際にギャラリーを利用してみて「いいな👍」と感じたところを3つあげます。

1.自由にいろんな作品が展示販売できる

先述しましたが「GalleryArtSoup」は、一次創作の作品であれば、どんな作品でも展示が可能です。ギャラリーと聞くと、大抵の人は「絵画」や「イラスト」の展示を想像しがちですが、『立体物』や『文章』、『映像』の作品も展示ができます。

つまり、小説や絵本、さらに詩といった文系の作品の展示も「どんとこい」なわけです。なかには60cmサイズのドールをカスタマイズして(自作の洋服を着せて)展示している素敵な作家さんもいらっしゃいます。さらに、プロジェクターやモニターもレンタルできる(たしか無料)ので、映像も会場内で流せるのです。

(蛇足ですが、2019年12月から、ギャラリーでビジュアドールの販売も始まりました)

このことからGalleryArtSoupは、まさに『枠にとらわれない表現方法』試せる場でもあります。

2.スタッフさんたちのサポートがきめ細かい

これに関しては、しののめ自身が他のギャラリーさんをあまり利用したことがないので、きちんとしたお話ができない部分もあります。

しかし、GalleryArtSoupでは、中林さんやスタッフさんたちの気づかいやサポートがとても暖かくてきめ細かいです。

2020年で7年目を迎えるだけあってか、いろんな展示に関するノウハウも蓄積されており、傍らで見ていても「『きちんと運営している感』がしっかりと伝わってくるなあ✨」と。

さらに、展示会が終わると、来場者の感想だけでなくギャラリーのスタッフさんから作品の感想が書かれたお手紙を頂けます。これをしているのはGalleryArtSoupだけではないでしょうか(もちろん、来場者からの感想もあれば、展示会終了時にもらえます)。

3.作家たちのコミュニティースペースの役割も

さらに、GalleryArtSoupは「ただ作品を発表する場」というだけでなく、出展作家たちがときどき集まって

  • 情報交換をし合う
  • コミュニケーションを取る

といった、コミュニティースペース的な役割も果たしています。

不定期ですが、なんらかの企画展示にあやかって美味しいお菓子や飲み物を持ち寄った「交流会」を開催したり、クリスマス会や忘年会をギャラリー内でやったりしてワイワイ楽しく騒いだりも。状況次第で、中林さんの絶品料理がふるまわれる場合もあります。

作家という生き物は1人で作業しがちですが、やはり1人の人間です。たまに「ウェーイ😆🍻😆」と楽しんでストレス発散もしたい……だから、GalleryArtSoupでは、ときどき交流会の企画が立ち上がるのでしょう。

アートスープは、2020年で7周年に

先述した通り、GalleryArtSoupは来年の2020年で7周年を迎えます。

インタビュー動画でもありましたが、実は「家賃の契約が終わる2年間の段階で、ギャラリーを終わらせてもよかった」と中林さんは語っていました。

しかし、この先どうするか迷ったとき、「サポートするから、もっともっと長くアートスープを続けてほしい😭💦」と、たくさんの利用者や作家さんたちから多くの声が上がったそうです。

中林さん
中林さん

だから、常にギリギリでも、なんとか6年つづけてこれました

と、さらりと中林さんはインタビューで語って下さいましたが、継続していくなかで「ヤベエぞ、どうすっかな」といった場面に何度も遭遇してきたのでは……💦と筆者的には感じます。

このことから、GalleryArtSoupは若手作家や来場者、スタッフたちの想いが折り重なって運営してきたギャラリーと言えるでしょう。運営途中からアートスープを知った作家さんも、作品を発表できるハードルがグッと下がったと感じているのでは?😊💭と思ったりもします(まさにしののめ自身がそれ)

アートスープでは2019年12月から運営支援者を募集中

現在、GalleryArtSoupでは2020年2月まで、運営支援者(クラウドファンディング)を募っています。

  • ①借入金返済のための支援金
  • ②力添えしてくれる企業・店舗
  • ③作家でボランティア活動してくれる人
  • ④理事会立上げにあたり会員になってくれるメンバー

その他、いろんな相談に乗ってくれる人を募っているようです。

動画では①のみのご紹介でしたが、中林さんが「常にギリギリ⚡」と言っていたように、金銭面💸だけでなく、人手も不足しており、本音を言うと『なんとかなってはいるけれど、ぶっちゃけ猫の手も借りたい……🐈』状況とのこと。

支援金も2019年12月21日の時点で34万8千円集まっているそうです。目標額は50万💸らしいので、まだまだ協力者さんが必要になります。

協力したいと思った人は、👇の記事に運営支援者募集の詳細が載っているので、そのなかの『アートスープ支援者 応募受付フォーム』から、ぜひ応募してみてください。

【まとめ】アートスープで展示販売をしてみよう!

へにゃ
へにゃ

ってなわけで、ここまでアートスープの特徴や、今までどんな風に運営されてきたかをお伝えしてきたへにゃ!

しのパンダ
しのパンダ

ホントにね~、やり方次第で自分のオリジナリティを存分に発揮できる場所だから、1人で作品だけ作って終わってる作家さんは、ぜひアートスープで展示してみよう! 個展もおすすめだよ😉

へにゃ
へにゃ

さりげなくハードルの高い個展をおすすめするなへにゃ😒

なんだへにゃ、コノ洗脳動画は…!?

しのパンダ
しのパンダ

えー、楽しいのにー。一度やると、ハマる作家続出だよ? ホントだよマジで👍動画も短いからぜひ見てよ~。

へにゃ
へにゃ

出展できるお金が不足している人は、不定期に開催される『Web展示会』に参加するのもアリだへにゃ! Twitterアカウントがあれば、実質参加費は無料へっにゃ!

しのパンダ
しのパンダ

えー、無視……?(ショウガナイ、宣伝しよう)

 

企画展示も展示期間で料金は変わる場合があるけど、A3までの作品1点が展示できる『壁SSのレンタル』だったら3000円から参加できるよ

へにゃ
へにゃ

だから気軽にお試しでもいいから展示会に参加してみてね。すっごく楽しいへにゃよ~💕

てなわけで

  • 企画展示の予定はどうなっている?
  • どうやったら展示ができるの?

と思ったら、ぜひ公式HPチェックしてみてください!

企画展示の情報を見逃したくない方は、ぜひアートスープのLINE「友だち登録」してみるといいですよ😊(※公式HPのトップに「友だち登録」のボタンがあります)

↓↓↓

GalleryArtsoup
群馬県前橋市にあるギャラリーアートスープのホームページです。 コンセプトは『誰でも手軽に、自分の作品を展示・発表できる場所』 『誰でも気軽に、アート作品の鑑賞を楽しめる場所』

GalleryArtSoupへのアクセス

住所:群馬県前橋市表町2丁目20-16
(JR前橋駅:北口より徒歩2分)

営業時間:12時~20時
定休日:月・火曜

※入場は無料です。
※ギャラリーに駐車場はこざいませんので、公共機関、近隣駐車場をお使いください。

ランキングに参加しています

ここまでお読みいただきありがとうございます

もし、記事の内容が気に入った場合は、下記のバナーを押してくださるとありがたいです✨

にほんブログ村 小説ブログ コラムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村

しののめともの活動状況

『智恵と魔法』のお店【saber】について

 
しののめともの作品を買いたいということであれば、
オルゴナイト・イラストを取り扱っている通販ショップ

「『智恵と魔法』のお店【saber】」へどうぞ!

↓店舗は三店舗あります。

*【saber】baseショップへ行ってみる*

*【saber】creemaショップへ行ってみる*

*【saber】minneショップへ行ってみる*

この記事を書いた人
しののめ とも

イラストと文章とオルゴナイトのクリエイター。Webライターもしています。刺激追求型HSP気質のケあり。Vtuberやタロット占いもはじめました。また「智恵と魔法のお店【saber】shop」をまったり運営中(サイトリンクの先にどちらもURLあり〼)。オタッキー気質+3歳の息子育成中。

しののめ ともをフォローする
・作家活動報告
スポンサーリンク
しののめ ともをフォローする
【saber】-shinonome106-

コメント

タイトルとURLをコピーしました