【SS】GAME OVERの世界

・小説やイラストなどの作品
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEで定期的に無料の「タロット占い」や「ヒーリング」を提供中

さらに、なにか相談事があれば聞きますよ。
絵やイラストのオーダーメイドのご相談も随時受付中。
ぜひ、友達登録してね(*'ω'*)👇

友だち追加

検索する場合はID「@shinonome106」で検索、検索ゥ!

【SS】GAME OVERの世界

「21 The World -世界- 逆位置」

――これは、魔法使いが夢見たお話。

光とともに衝撃波。

痛みは一瞬だったけれど、ひどく痛む。
終わる寸前の、鼻腔に残る焦げ付いた臭い。

自分自身の体が燃え尽きたのだと気づくのに、さほど時間はかからなかった。

同時に、どこかに放り投げられて、心許ない感覚が全身を襲う。体なんてもうないのに。

……寒い。寒くて体を抱きしめようとした。指が宙を舞う、既視感。

叫ぼうとしたのに、声が出ない。出ない。

眼下に広がるのは真っ暗な暗闇。体があったら、きっとたくさん泣いていたし、のたうち回ったと思う。

――単純に失くしたことを「悲しい」と思った。でも、もう遅い。

……。

「モット、カナシイッテ……ハヤクキヅイテ、ホシカッタ」

誰かが、うずくまったまま、そう独りごちていた。

……だれ?

問うと、「彼女」は「僕」の顔を見る。深い深い瑠璃色の双眸が、「僕」を射抜いた。

流れるように背中までのびる銀髪、癖のない整った褐色の美しい顔。小さな体に身につけたシフォン生地のドレスはミントグリーンとロイヤルブルーの色をしていて、肢体からのびる手はとても華奢だ。

瑠璃色の瞳は、滂沱と涙を流して。また、とめどなく溢れてくる。

どうしたの? と尋ねようとして、なぜ、そう言いたくなったのか疑問になった。いや「どうしたの?」なんて、野暮な質問なのだとも、同時に気づいてしまって。

ただ、「僕」は棒立ちのまま、動けなくなった(体はとうに燃え尽きたというのに――)。

「気づいて欲しかった」

彼女は、そう言った。

……あえて自分に問う。「僕」の『仲間』は「彼女」に何を、何を、何を? ……したんだろう?

「彼女」の腕は、かすり傷や擦り傷でいっぱいで、身につけたドレスは血で赤黒く染まっている。鉄錆びた臭い。「彼女」は血を流しすぎた――

……ごめんなさい。

「僕」は「彼女」に謝るしかできなくて。それでも

「イイノ」

と、「彼女」は首を振る。

「アナタも、イタカッタデショウ?」

「彼女」は自分の涙を、細い指で拭い、柔和に微笑んだ。逆にその姿が痛々しい。

……ぜんぶ、燃えたから、

「僕」が言うと、「彼女」は「うん」とうなずく。

叫べるのなら、今すぐ声に出すのに。口も舌ももうないから、できない。

泣きそうになるけれど、もう「僕」に涙腺はないから、涙は流れなくて――

けたたましくスマートフォンのアラームが鳴る。鳴る。鳴る。

「――ちょっと。いい加減、起きてくださいよ! 何時だと思ってるんですか!」

「……ふぁっ?」

鋭い声のせいで、間抜けな反応を反射的に返してしまう。

ぬくぬくあたたかいお布団に体が包まれていて、自分が今まで寝ていたことに気づいた。

「……て。なんで泣いてるんですか?」

「ふぇ?」

寝ぼけ眼のまま返すと、魔法使いの「助手、兼、秘書、兼、お世話係」である彼女(夢の彼女とは別の女の子だ)は、ベッドの隅でいきり立つスマホを手に取り、手馴れた手つきで黙らせる。

「……5分ですからね? 5分しか待ちません。その間にしっかり休んでくださいよ」

「うっ……は、はい」

「勘違いしないでくださいね。ぶっ倒れられたり、いきなり中身『変わられたり』したら、困るのは私ですからっ」

言って、彼女は真っ黒なポニーテールを翻して部屋を去っていった。ギャンギャンがなりつつも、ドアを静かにしめるところがなんとも彼女らしい。

しかし、なんて『悲しい夢』だったのだろう――

胸に残るしこりに触れると、急に、また強い眠気が襲ってくる。

……ありゃりゃ。こりゃまた、「助手ちゃん」に怒られてしまうなぁ。

と、のんきに思いつつ、睡魔に足を絡め取られながら……魔法使いは、ひとつの一節を頭に描いていた。

「あれ」は、『GAME OVERの世界』だ、と。

全てを焼き尽くしたのは「人間」で、あの美しくて優しい「彼女」は、みんなのよく知っている『  』。

気づいて欲しかった、と泣いていたけれど……

『――人間は、馬鹿ばかりだからな』

沈む意識の中、吐き捨てるように「アイツ」が言う。

『並行世界の地球に引っ張られやがって。これからあの小姑に小言を言われるこっちの身にもなれよ、クソが』

『ごめんなさーい。こりゃやっぱり選手交代の雰囲気ですねぇ。あと、よろしくー……あ。いつもの事ながら、変なことしたら、許しませんよー』

『おめでたいクソ野郎が』

意識の海で、すれ違いざま一瞬、「アイツ」が不服そうに顔をしかめるのが見えた。

「アイツ」は浮上して、僕は真っ暗な海底に身を委ねる。

ひどく重い。また「起きるまで」に、どれくらい時間がかかるんだろう。

それから、ほどなくして。

もう1度、夢の中で「光に体を焼かれる」。
これは、そういう夢、らしい。

――痛い。
――悲しい。
――寒い。

この世の果ての、悲劇の夢。

あとがき

目が覚めて、息子がまだぐーすか眠る横で、スマホでちゃっちゃかちゃーと執筆した小さな物語です。

戦争なんぞの話題に触れまくっていたので、夢見が悪かったのでしょうか。また「痛い」描写が。というか、こういうの、前にも書いたようなそうでないような妙な既視感があります。

もうすでに有料記事になっちゃってたみたいなんですが、「機動戦士ガンダム」などで有名な監督『冨野由悠季』さんがインタビューで、

  • もうこの世界に戦争をやっている余裕なんぞない
  • 地球の崩壊は、まだまだ進んでいる
  • 40~50年経てば、世界はもっと良くなっていると思っていたのに

なんて言っていて、「そういえば、忘れていたけど地球環境ヤヴァイんでしたっけ」と襟元をただしたくなる気持ちになったり。とくに『戦争をやっている余裕なんてない』って一言はすごく自分のなかで響いていて、「第三次」なんてやらかすとホントに世界崩壊しかねんもんなァ(核とかね、原爆とかねえええ……!)

▼参考記事(外部サイトに飛びます)

特集ワイド:この国はどこへ これだけは言いたい ガンダム総監督・富野由悠季さん・77歳 戦争している「余力」なんてない - 毎日新聞
 「機動戦士ガンダム」シリーズを世に送り出したアニメーション監督の富野由悠季さん(77)が普段作業に使っているという東京都内のスタジオは、まるで大きなコンテナのようだった。通された応接室には、ファンすいぜんの「ガンプラ」と呼ばれるガンダムのプラモデルがずらりと並んでいた。

しかも、今の20代の人って「日本」と「アメリカ」が戦争してたって『知らない』んですって。んもー、青天の霹靂もいいところだよ。

日本では『戦争』負の不文律として扱って『あえて触れない』ようにしているのが影響しているのでしょう(てか、太平洋戦争で、日本はジェノサイドに遭ってるんですけど、北アメリカやラテンアメリカなんて「日本が悪いから」ですまされてますからねェ)。

あと、ちょっと脱線するけど、日本人って政治にも触れないよね。なんつーか、政治に触れる奴=ヤヴァイ奴認定(さも右翼団体だと、さげずんで見るように)するもんなぁ。

なんて、いくらぼやいてもぼやきにしかならねえよなあと思いつつ。こういうときに『物語』って、「よい道具」だよなと思ったりします(となると、私はいつか戦記ものを書くのだろうか……うーん。どうだろうなぁ)

かーらーの、実はこのショートショート、ずーっと自分のなかで温めていたキャラクターがちらほらと出ています。

あと「魔法使い」って描写は、アートスープさんで売ってた「しののめとも短編集」にも出ていたよね(知ってる人はココでニヤリしましょう)。まあ一応、あのなかの「魔法使い」さんと、ここのショートショートの「魔法使い」さんは一応、同一人物ではあるのですが、現時点で知らず知らずのうちにバージョンアップはされている感があります。

▼関連記事

【字展 第二版】出展物・紹介2:短編集・小説「THE FOOL」
【字展 第二版】に出展している同人誌(自作小説)「THE FOOL」のあらすじと、それに関する、ちょっとした小話を掲載しています。

そして、「しののめとも短編集」に右にならえで「タロット」を持ち出してきました。なんかこういうやり方、意外としっくりくるんですよね。 そんなわけで、もうちょっと気楽に小説なんかも書いていこうかと思っています。また書いたらサイトにアップするかもです。

ランキングに参加しています

ここまでお読みいただきありがとうございます。

もし、記事の内容が気に入った場合は、下記のバナーを押してくださるとありがたいです✨

にほんブログ村 小説ブログ コラムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村

しののめともの活動状況

『智恵と魔法』のお店【saber】について

 
しののめともの作品を買いたいということであれば、
オルゴナイト・イラストを取り扱っている通販ショップ

「『智恵と魔法』のお店【saber】」へどうぞ!

↓店舗は三店舗あります。

*【saber】baseショップへ行ってみる*

*【saber】creemaショップへ行ってみる*

*【saber】minneショップへ行ってみる*

アートスープ在廊・展示会など

GalleryArtSoupでの在廊での占い・マッサージ実施日や展示会などのスケジュールは下記の記事から確認できます!

予定スケジュール
このページでは、しののめともが参加する展示会やイベント、さらにGalleryArtSoupの在廊日をお知らせしています。在廊時のセッション予約ページのご案内を見たい方は👇へお進みください。 まとめて展示会やイベントの予定を見たい場合はこち...
イベント参加予定
しののめとも、【saber】shopが参加する予定のイベントについて告知しています。終了したイベントのレポートのリンクも貼っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました