「デマ」や「流言」を防いで正しい情報を選ぶにはどうしたらいい?

・日々思う事柄
スポンサーリンク

久しぶりのサイト更新です

こんにちは、しののめとも(@shinonome69)です。

2月は「展示会参加の準備」やら「怒涛の確定申告」やらで、とんとブログもYoutubeも更新できずじまいでした。おかげさまで生還はしたものの、口内炎でのたうち回ったり(苦笑)。

さて、世間では「コロナウイルス」混乱がすごいことになっていますよね。

  • マスクが買えず、入荷がいつになるか不明
  • 「デマ」が流れてトイレットペーパーが売切れ

――なんて「ええっ」ってびっくりするような出来事なんかも起きたり。Twitterも混乱の嵐で、ついつい自分の主張をしたくなり「おりゃっ」とツイしたくなったりして。

そんなわけで、今日は「デマ」や「流言」を防いで『正しい情報』を選ぶにはどうしたらいいかお話したいと思います😉

SNSの情報は『疑え』

情報を選ぶときに気をつけたいのは、やっぱり「人のウワサ」

「コロナウイルス」『「デマ」が流れてトイレットペーパーが売切れ』になったきっかけになったのも『Twitter』『Facebook』といったSNSでした。

発信元となる犯人は、よくよく調べてみると『はっきりしていない』ようです。

▼参考記事

「トイレットペーパー不足デマの発信元はこの人!」→というデマが流れて個人叩きに(篠原修司) - Yahoo!ニュース
「コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが不足するというデマを流した人物はこの人だ!」として、ネット上で特定の個人を叩く状況が起きています。でも、それもデマなんです。

でも、不安になった人が「こんなことがあるかも」思い付きでSNSにアップした内容が、『伝言ゲーム』のようになって、雪だるま式に膨れ上がった情報今回の「デマ」に繋がったのではないかな、と個人的に感じます。

『伝言ゲーム』って、知らない人もいるかもしれないので念のため👇

伝言ゲーム(でんごんゲーム)とは、あるグループが一列になり、列の先頭の人に、元となる一定の言葉(メッセージ)を伝え、伝えられた人はその言葉を次の人に耳うちし、それを最後の人に伝えるまで繰り返し、最後の人は自分が聞かせてもらったと思う言葉を発表し、元の言葉と発表された言葉が一致するかどうか、またどの程度違っているかを楽しむ遊びである。

また「伝言ゲーム」という表現は、内容の不正確さが次第に増していってしまうような、人づての情報伝達方法の比喩としても用いられる。

出典:伝言ゲーム|「ウィキペディア」

SNSって、なんとなく『伝言板』みたいな側面があるじゃないですか。みんな、自分が思ったことそのまま思いつくまま吐き出しているので。

だからSNSの情報『鵜呑みにしない』、もとより『疑ってかかる』ほうがいいのではないかな、としののめは思うのです。とくにこんな非常時な時は。

もちろん、非常事態のときに「人のウワサ」を介してやってきた情報も「本当かな?」と思ったほうが吉です。

「第一ソース」を探そう

でも、なにも情報を仕入れないのも「不安」になりますよね。対策がわからないと、対処の方法も分からないですし。

これについては、最近ひっそりと始めたhimarayaラジオ👇でも言ったのですが

『公式となる情報』「第一ソース(情報)」となる情報を見つけ出すのが、一番手っ取り早いです。

ただし、ニュースの情報「第一ソース(情報)」とはなりえません。ニュースなどは「第二、第三ソース」に値します。なぜならニュースやネット記事などは「第一ソース」を元に制作されているからです。

じゃあ、なにが『公式となる情報』なのか。「コロナウイルス」などの病気に関する情報は、厚生労働省か、WHO(世界保健機関)「第一ソース」になります。災害時であれば、気象庁国土交通省「第一ソース」です。

▼厚生労働省:公式サイト

ホーム|厚生労働省
厚生労働省の取り組んでいる政策情報、報道発表資料、統計情報、厚生労働白書について紹介しています。

▼WHO(世界保健機関):公式サイト

Home
Promote health. Save lives. Serve the vulnerable.

※WHOは英語サイトですが、chromeの翻訳機能を使うと、日本語でも記事を読めます(結構わかりやすく翻訳されていますよ)。

ちなみに、有事の際は「市役所」「役場」といった『公的機関』からも情報が伝えられますが、それも「第一ソース」と認識してOK🙆

「第一ソース」は『デマ』や『流言』を見出す判断基準になる

『公式となる情報』は、

  • 正しいかどうか
  • 誤りがないか

精査してから公開される傾向にあるので、有事が起きた時に、私たちの手元に届くまで多少時間がかかるデメリットはあります。しかし、「第一ソース」『デマ』『流言』見抜く大切な情報源になってくれるのは間違いありません。

それに

「マスクを作るのに、トイレットペーパーの原料が使われる」

なんて『デマ』も、マスクの原料とトイレットペーパーの原料が同じかどうか調べれば、「これは真実ではない」と分かるはずなんです。

しのパンダ
しのパンダ

だから、ウワサが自分の手元にやってきたら『ホントかなぁ?』って思うことは大切ってことなんだね。

へにゃ
へにゃ

うん、そうそう。どうしても人って「不安」になると『衝動的』になりがちだから。不安だったら徹底的に調べるといいんだへニャ!

しのパンダ
しのパンダ

んでもって、「デマ」かどうか見極めるときに役に立つのが「第一ソース(情報)」ってわけなんだな。

まとめ「コロナウイルス流行によせて」

まだまだ大変な時期は続くかもしれませんが、この騒動は、おそらく一時的なものです。

「コロナウイルス」に罹患しても「8割」は軽症ですみ、致死率は「2%」と言われています。感染したらゾンビになったり、すぐに死んでしまうというわけではないのですから、『インフルエンザが流行っているなぁ』という具合に受け止めて、手洗いうがいを徹底して、マイペースにすごしていきましょう。

へにゃ
へにゃ

あと「とても敏感な人(HSP)」の人は、ニュースもあんまり見ない方がいいへニャよ。気分が悪くなっちゃうから。

しのパンダ
しのパンダ

こんな暗い気持ちになる時こそ、面白い動画やゲームとかの娯楽を使って、少しでも「面白おかしく」過ごしたいよね。これで免疫力もアップだよ!👍✨

ランキングに参加しています

ここまでお読みいただきありがとうございます。

もし、記事の内容が気に入った場合は、下記のバナーを押してくださるとありがたいです😉

にほんブログ村 小説ブログ コラムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ アートイラストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村

匿名で感想を送れます

匿名の質問を募集できるサービス「マシュマロ」で、記事や作品、展示会の感想をひっそり密かに求めています。

Youtubeチャンネル「しののめとものバーチャルきぐるみチャンネル」質問もここから送ってOK!⤴✨ どんなメッセージでもよいので、感想ください。あなたの感想がしののめのパゥワー(力)になります★

しののめに匿名で感想を送る

▼参考記事:「マシュマロ」の使い方(※外部サイトに飛びます)

匿名メッセージ受け付けサービス「マシュマロ」の使い方(アカウントの新規登録・質問・回答方法など #マシュマロを投げ合おう )

しののめともの活動状況

『智恵と魔法』のお店【saber】について

しののめともの作品を買いたいということであれば、
オルゴナイト・イラストを取り扱っている通販ショップ

「『智恵と魔法』のお店【saber】」へどうぞ!

↓店舗は三店舗あります。

【saber】baseショップへ行ってみる

【saber】creemaショップへ行ってみる

【saber】minneショップへ行ってみる

アートスープ在廊・展示会など

GalleryArtSoupでの在廊での占い・マッサージ実施日や展示会などのスケジュールは下記の記事から確認できます!

予定スケジュール
このページでは、しののめともが参加する展示会やイベント、さらにGalleryArtSoupの在廊日をお知らせしています。在廊時のセッション予約ページのご案内を見たい方は👇へお進みください。 まとめて展示会やイベントの予定を見たい場合はこち...
イベント参加予定
しののめとも、【saber】shopが参加する予定のイベントについて告知しています。終了したイベントのレポートのリンクも貼っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました