【字展 第二版】出展物・紹介4:絵本「タイ・ガーと風の旅人の思い出」


前置き

楽しみにしていた展示会、【字展 第二版】がはじまりまして。
(ちな、しののめもこの展示会に参加しております 🙄 )

せっかくなので出展している本について語れたらなあと記事を作成してみました第四弾。

第一弾、二弾、三弾の記事はこちらになります↓↓↓

前置き楽しみにしていた展示会、【字展 第二版】がはじまりまして。(ちな、しののめもこの展示会に参加しております 🙄 )せっかくなので出展している本について語れたらなあと記事を作成してみました。(なんせ、Twitterだと1ツイート・120文字前後しか入らな...
前置き楽しみにしていた展示会、【字展 第二版】がはじまりまして。(ちな、しののめもこの展示会に参加しております 🙄 )せっかくなので出展している本について語れたらなあと記事を作成してみました第二弾。第一弾の記事はこちらになります↓↓↓【字展 】とは?...
前置き楽しみにしていた展示会、【字展 第二版】がはじまりまして。(ちな、しののめもこの展示会に参加しております 🙄 )せっかくなので出展している本について語れたらなあと記事を作成してみました第三弾。第一弾、二弾の記事はこちらになります↓↓↓【字展 】とは...

【字展 】とは?

北海道札幌市にあるギャラリーnecco様(主催:裕樹さん)で開催されていたのが始まりの、「文字」をテーマとした展示会です(北海道版の字展Twitterはこちら)。
今回参加している群馬版の【字展 第二版】方では、ねこみっく企画さんが主催です。

絵本「タイ・ガーと風の旅人の思い出」について

第四弾は、三年前に描いた絵本「タイ・ガーと風の旅人」についてです。
第三弾で出てきた、トラ猫雑貨店の店長、タイ・ガーの思い出話になります。

あらすじ

幼いころのタイ・ガーは、独りで生きていかなくてはならなかった。

ある日、タイ・ガーは、見つけた珍しいバイクに触ろうとして持ち主のカラカルと口ゲンカに。

しかし「珍しくて美しいものを探す冒険家」のカラカルとの出会いは、タイ・ガーの新しい旅の幕開けでもあった……

このストーリーの見どころは?

こちらは、前作の「トラ猫雑貨店と花嫁のナミダ」とくらべて、ちょっと切なげでピリリとスパイスが効いたお話です。

誰でもお別れは必ずあります。それでも、一緒に過ごした思い出は楽しかったし、今の店長の心の礎になっているんだよ……というお話です。

――はい、気を抜くと「誰かの死」とかフツーに持ってきちゃう、しののめ節が発動した絵本です。

「なんか暗いね~」的なことを言われて、ちょっとそっと隅に置いてしまった作品でもあるのですが、過去にアートスープさんの「アートセンス vol.3」と「動く展」にも出展した作品でもあり、そこでは「観ていて、ふと、父親に感謝したくなった」という嬉しい感想をいただけた本でもあります。

ちなみに、アートセンスでは審査結果10位に入ったという経歴もありまして。

(※朗読用の動画も作成した作品でもあるのです)

なにぶん、三年前の作品なので、クレジットも漢字の「しののめとも」です。

絵本、と銘打ってはいますが、全体的な作品のノリは児童文学っぽいな……っていうか小説じゃね? といった感じです。

(映像作品とか作るのも、後から見るのも面白かったりするので、またもう一度こういう形式で絵本作品を描いても面白いかもしれませんね……!)

 

そんなこんなで、さっくりライトに文学作品を読んでみたい人向けの作品ではあるかな、と個人的に分析します。
しっぽりと秋の夜なんかに読むと、じーんとくるものがあるかも……です 🙂

絵本「タイ・ガーと風の旅人の思い出」の通販取扱いしてマス

※2019/1/24追記

通販ショップにて、「タイ・ガーと風の旅人の思い出」の購入ができるようになりました 🙂 

beseで「タイ・ガーと風の旅人の思い出」を買ってみる

creemaで「タイ・ガーと風の旅人の思い出」を買ってみる

minneで「タイ・ガーと風の旅人の思い出」を買ってみる

しののめともの活動状況

『智恵と魔法』のお店【saber】について

オルゴナイト・イラスト・文学作品を取り扱っている通販ショップ
「『智恵と魔法』のお店【saber】」を運営しています。

↓店舗は三店舗あります 🙂

ファンサイトがあります。


Campfireにてファンサイトを立ち上げました!
現在、しののめともの創作活動の支援者募集中です 🙂

しののめともの参加中SNSはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください